バックナンバー

葬儀の準備と流れについて

葬儀を営む準備の流れ

葬儀開式までの準備の流れ

病院等で親族が亡くなられ、葬儀を営む必要が生じた時、どうすれば良いのか戸惑う事が多いものです。ここでは、少しでもそうした不安を払しょくするため、葬儀を営むまでの準備等の流れについて記載します。病院等で亡くなられると、看護師によって身体を拭いていただき、個室ならそのままベッドで寝かされ待機する事もありますし、多人数部屋の場合等では霊安室に移されるます。しかし病院にはご遺体を長く安置しておく事はできず、半日程度でご遺体を会館の安置所等に移す必要があり、葬儀社を決めて連絡を入れ、ご遺体を搬送してもらいます。ご遺体を安置所に移した上で、通夜や葬式の日時等の段取りを相談します。日時は、会館の状況、斎場の状況、お寺さんの都合等を勘案し、決めます。また、祭壇を始め、棺等の品々もここで決める事になります。付き合いのあるお寺さんがなければ、宗派さえわかっていれば紹介してくださいますし、斎場の状況や申し込みも業者さんが行ってくれるので、心配する事はありません。こうして通夜や式の日時が決まれば、親戚や必要な人に連絡を入れます。通夜が翌日やその先になる場合には、ご遺体は安置所において、遺族は夜には帰宅するのが一般的です。ここまでが、通夜と葬式の準備の流れで、後は通夜や葬式は業者さんの担当の方の指示や相談で進む為、心配せずに任せれば良いでしょう。こうした準備の流れの中で、どこの葬会館でどのような葬儀を営むかを遺族間で調整し、比較的短時間で決める必要がある点が、最もバタバタするため、一般の葬儀や家族葬を営む会館等を事前に見学し、費用も把握して置くと安心です。

↑PAGE TOP