バックナンバー

葬儀の基礎情報

葬儀の流れや時間に関して

葬儀の流れと概略時間

時間軸で見た葬儀の流れ

葬儀に参列する人は、マナーとして開式の30分以上前には式場に到着し、まずは受付で香典を渡し、記帳を済ませます。その後は、式場の所定の席に着いて、心静かに開式を待ちます。開式に当たっては、会館の司会者が事前に式の流れの説明をし、しめやかな音楽の中、故人の最後の様子等を話され、導師を勤めるお寺さんが入場して、いよいよ葬儀が始まります。導師様がお経を上げ、15分ほどすれば読経の中、司会者の案内に従って焼香が始まります。親族の名前が読み上げられて順に焼香を進め、続いて一般焼香となります。代表焼香のみ、名前が読み上げられ、その後に一般参列者が焼香するという流れで進みます。参列者の人数にもよりますが、一般的には焼香が終了するまでで、1時間と言ったところです。この後、読経を終えたお寺さんが退席されます。ここで、参列者は席を立ち、椅子が片付けられてスペースが設けられ、棺がこのスペースに移され、ここで遺族や親しい参列者が花を棺に手向けて最後の別れを告げます。その後、棺は閉められ、近親者によって霊柩車に運び込まれます。白木の位牌と遺影を親族が持ち、喪主か喪主の代理として式場の司会者が会葬御礼の挨拶を行います。その後、参列者が合掌して見送る中、葬儀場から斎場へと霊柩車が出発します。ここまでの流れで、時間的には1時間半程度で、一般の参列者にとっては、ここで葬儀は終了となります。遺族の方々は、その後、斎場で棺に合掌して最後のお別れをし、一旦式場に戻り食事を摂り、再び斎場に向かって骨上げを行うという流れへと進みます。最近では、その後、引き続き初七日法要を営む事も多くなっています。

↑PAGE TOP