バックナンバー

葬儀での受付の流れとは

受付から葬儀の流れについて

  • トップ

葬儀の流れはどのようなものか

葬儀からの流れというのはどのようなことが行われるのでしょうか?まず葬儀が行われる1時間ほど前には喪主や遺族が集合して受付の準備が行われます。このときに会葬令状やお礼品などの準備を忘れないことが大切です。葬儀会社との打ち合わせをしっかりやることで、流れによって執り行われることが多いです。葬儀開始の20分前くらいには着席しておく必要があるので、それにあわせて受付も行われます。時間になると葬儀が開かれます。そのときまでで受付の仕事は終わります。その後の流れは僧侶による読経がはじまり、僧侶の焼香のあとで、焼香が喪主、遺族、一般参列者という順番で行われます。その後は、出棺の準備が行われます。その間に喪主からの挨拶が行われるところもあります。最後のお別れのときに生花で故人の周りを飾り、棺に二をして釘うちをします。そして火葬が行われます。火葬場が別のところもありますし、同じ場所で火葬されるところもあります。火葬はだいたい1時間くらいかかりますが、その間親族は、控室で待機しています。その後は火葬後に、骨を骨壺におさめる儀式をします。それは二人一組で箸で骨を拾う儀式をおこないます。そして骨壺と埋葬許可証をもらって一連の流れが終わります。

↑PAGE TOP